ビット カジノ

2023年05月30日 09:00

メタデータ、Livie’s Jumpが共同開発:LINE向け対話APIサーバー“ChatBrid for LINE”  ~ LINEをフロントエンドにしたハイブリッド対話ボットを実現


メタデータ株式会社(所在地:東京都文京区;代表取締役社長:野村直之)は、Livie’s Jump(所在地:東京都台東区;代表:松田圭子)と共同開発した、LINE向けの対話APIサーバー“ChatBrid for LINE”を本日受注開始いたします。この新しいソリューションは、既にSlack向け、Microsoft Teams向けに提供されている“ChatBrid”の機能をLINE向けに提供し、社内知識やローカル情報を学習・回答しつつChatGPTで柔軟に補完するハイブリッド対話を実現します。
■背景
メタデータ社は、これまでSlack向け、Microsoft Teams向けに提供してきた“ChatBrid”を、LINE向けにも提供することで、より多くの企業や団体に対話ボットの利便性を届けることができます。BtoC向けにメンタルヘルス関連のカウンセリング向け応用を行うLivie’s Jumpとの共同開発により、LINEをフロントエンドにした“ChatBrid for LINE”を実現しました。

■ChatBrid for LINEの特長
“ChatBrid for LINE”は、LINEのチャネルやチャットでの対話を通じて、社内知識やローカル情報を学習・回答し、一般知識に関してはChatGPTを活用して対応します。以下に、主な特長を挙げます。

・LINEらしい親密な1対1の対話により、社員や個人の本音を引き出しやすい。
・LINEスマフォアプリを標準で利用するユーザーが多いことから音声認識をスムーズに活用できる。
・ChatGPTとのシームレスな連携:LINEチャットでの対話を通じて、ハイブリッド対話ボットが自然に参加・応答します。
・FAQ型の想定問答に対して、柔軟な自然言語処理により、想定外の表現もカバーし回答率を向上させます。
・“Mrテキスト分析”を活用したシナリオ編集・拡充:大量の社内知識やローカル情報を快適・快速に編集・拡充できるソリューションを提供します。
・安全な回答の提供:“NG判定API”や“ネガポジAPI”を利用したシナリオ分岐機能により、有害投稿やネガティブな発言を排除し、安全な回答を返すことができます。

■メタデータ株式会社について
メタデータ株式会社は、人工知能(AI)技術を活用したチャットボット開発およびビッグデータ解析ソリューションを提供する企業です。同社は、企業内のデータ分析やマーケティング戦略立案をサポートするためのシステム開発を手がけており、効率的で高品質なサービスの提供を目指しています。
■Livie’s Jumpについて
Livie’s Jumpは、メタデータ株式会社で自然言語処理サービス・ AI 技術活用を18年経験してきたサーバ技術部長松田による、個人向けサービスを提供する個人事業です。前職でのシングルマザー自立支援NPO事務局長・カウンセラー経験やジャズ歌手活動からの知見を活かし、技術、経験と感性で「人間が直接の会話で対応できる人数の限界を遥かに超えた人数をカバーし、ライトで継続性のあるメンタルサポートをAIで実現したい」という想いで発足しました。

■ChatBrid for LINEの社員メンタルサポート応用の画面例

※記載内容(リンク先を含む)のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
メタデータ株式会社(メタデータカブシキガイシャ)
代表者
野村 ナオユキ(ノムラ ナオユキ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷三丁目38−10 さかえビル2F
TEL
03-6231-6746
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
IR情報
公式ブログ

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.